処女とエッチをする時に注意すること

処女とエッチで気をつけて起きたいポイント

 

かならず爪はヤスリをかけておく

処女に限らずエッチをするときは爪を切ってヤスリをかけておくようにしましょう。切ったままだと女性を傷つけてしまう場合があります。

 

前戯をしっかりする

処女の場合は濡れないと女性が痛がってしまいます。ですから必要に前戯には力を入れておくようにしましょう。女の子が痛いとか言ってくれれば直せばいいのでうが言わない子も結構いますからいきなり強く刺激をしたりしないで優しく刺激をしていって相手の様子を見ましょう。濡れない子はローションを使ってあげましょう。

 

指入れ確認をする

指をいれないでいきなりチンチンをいれると絶対に女性は痛がります。ですので穴の方向確認をするためにも最初は小指で穴に入れて下準備をしましょう。指が痛いといわれたら舌を入れるようにしてください。

 

力を抜いてもらう

処女はだいたい緊張しています。ですので力を抜いてもらいましょう。でないとなかなか入れることができませんのでリラックスさせてあげましょう。

入れる角度に注意

穴の向きに合わせて入れないと激痛になってしまいます。ですのできちんと向きを確認していれること。女の子の腰の下にクッションをいれると穴の向きを確認しやすくなります。

 

最初は正常位

いきなりバックでいれたりすると奥まで入ってしまうので痛がります。他の体位も最初はしないで正常位でやさしくしましょう。

 

入れたら最後まで一気に入れる

ゆっくり処女膜を破ると激痛になってしまうので少し入ったら一気に入れてしまったほうが痛くありません。毛を抜く時に一気に抜いたほうが痛くないのと同じです。

 

入れたら動かない

入れてから慣れるまでは動かないでじっとしておきましょう。慣れてくれば痛みもなくなっています。

 

最初は射精しなくてもいい

最初は動くと痛いという子もいるので射精をしようと無理に思わないくて大丈夫です。